クリスマス商戦外貨の動き

東証の企業決算の発表もだいたい終り、ニューヨー

ク証券取引所やドイツDAXの株価が史上最高値を

更新し続けていく中、円売りも加速しているよう

に思えます。

 

ここ数日の円安傾向はこういった海外市場の株高

が背景にあるように思え、積極的にリスクを買うリス

クオンのトレンドが市場を支配しているような気がし

ます。

 

この流れは今週後半も続いていくでしょう。

 

したがって政府機関の閉鎖はあれど底堅い強い

動きを示すアメリカの株価。

 

ユーロ圏の債務問題もひと段落したドイツ市場の値

動きを見る限り、ネガティブな要因はアメリカの債務

問題のみ。

 

しかしそのアメリカも債務問題より実体経済が強く、

国民の旺盛な消費意欲はクリスマス商戦まで続く

と期待でき、年内にはドル円相場100円ブレイクも

十分ありうるところまで来た様に思います。

 

短期的な視点で見れば若干不安要因もありますが、

中長期的には三角持ち合いのテクニカルが、上抜け

に転換する兆しが見えてきました。

 

今週金曜日にはオーストラリア卸売物価指数の発表

、またアメリカでは製造業景況指数の発表があり、こ

れらの発表内容に注目となりますが、今のところ先月

の底堅いアメリカ経済と政経共に安定したオーストラ

リアの事情を汲んでも悪い数字にはならないのではな

いでしょうか。

a1180_006801

基本的に欧米の国民は12月になるととたんに財布の

紐が緩む傾向にあります。

 

実際行った事のある方ならおわかりかもしれませんが、

12月の欧米人の消費は旺盛です。

 

人が集まればすぐパーティーです。

 

飲食店や物販店も非常に忙しくなります。

 

そういった要因から11月中旬から年末にかけての、

欧米はお金が急激に回りだしますので、外貨のトレ

ンドは円安を軸にポジションを組むことを意識したほ

うが良いでしょう。

 

よって今週後半の予想レンジは

ドル円で97.50から100.50

ユーロ円で133.00から135.00

豪ドル円で92.50から95.00を予測。

 

かなり強気な円安トレンドですし、ドル円については

100円ブレイクを試すような瞬間も起こるかもしれま

せん。

 

実際の市場ではこれくらいの上げ抜けるエネルギー

が前兆として感じられます。

 

当サイト一押しの新限定タイアップキャンペーン!

「新規口座開設+5万円以上入金+1回取引」だけというハードルの

低さで楽天スーパーポイント15,000円分プレゼントという太っ腹!

詳細はこちら ⇒  外為ジャパン楽天15,000ポイントキャンペーン

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

カテゴリー

アクセスカウンター

QRコード

このページの先頭へ