トレーダーとしてのメンタリティ

外為トレーダーというのは株式トレーダーに比べ、とても体

力を消耗します。

ご存知のように株は時間外取引でない限り、平日の午前

9時から15時までが取引の時間。

 

一方、FXは基本的に24時間営業であるため、いつでも売

買ができるというメリットがある一方、引き際が難しいという

デメリットもあります。

 

下手したら寝る間も惜しんで取引することにもなり兼ねないのです。

「寝る間も惜しんで取引だなんて考えられない」と思われる

方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に私は過去に寝る間も惜

しんで取引をしたことがあります。

 

 

それはトレンドの読み違いをしてしまい、誤ったポジションを立ててし

まい莫大な損失をしてしまった時。

 

 

 トレーダー経験のある方なら誰だって一度や二度、そういった経験

 

があるかと思います。

 

しかもお恥ずかしい話ですが私の場合それが

 

雇用統計の日の売買でした。

a1640_000326

裁量トレードを行うときはどうしても人間の余計な感情が入りや

すく、つい裏の裏を読んでしまい数百万円の資金を失いました。

 

本来、裁量売買とは自分の中で決めたルールを厳格に守り、

特に損切ラインを厳格に守るべきもの。

ですが、私はつい熱くなってしまい気が付いたら今更決済で

きない「塩漬けポジション」と化していました。

 

こうなるとパソコンの前で一人青ざめ、とっさに思ったことは

「失った資金を回収しよう」とそれだけを目標にひたすらチャ

ートを眺め、ポジションを組むタイミングを伺い流動的な相場

の中でドカンと回収できるタイミングを見計らっていたら、気づ

いたら丸二日間寝てませんでした。

 

実際に大きく損をすると熱くなってしまいます。

熱くならないわけがありません。

その温度は損失額に比例するでしょう。

 

頭の中は「とにかく原資回復」それしかありませんでした。

その為には過去経験してきた様々な売買のノウハウをフル

に駆使し、裁量売買に挑みました。

ですが売買を繰り返してるのに、なぜか原資は回復するど

ころか、損失ばかりが増えていきます。なぜでしょう?

 

そうなんです。

当時の私は初心者トレーダーが犯しやすい過ちのひとつ。

相場を追っていたのです。

 

当サイト一押しの限定タイアップキャンペーン!

「新規口座開設+5万円以上入金+1回取引」だけというハードル

の低さでAmazonギフト券15,000円分プレゼントという太っ腹!

詳細はこちら ⇒  DMM.com証券【DMM FX】

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

カテゴリー

アクセスカウンター

QRコード

このページの先頭へ