ユーロに望みを!

昨日、ドル円相場においては直近の市場を取り巻く悪材料

に一通りの解決の目途が立ち、これから相場トレンドは円安

方向へ向かうだろうと予測いたしましたが、若干時期尚早だ

ったように思いました。

180px-%E6%A2%85%E9%9B%A8

昨日、今後のドル円相場のトレンドとしてシリア情勢の膠着化に

一定の道筋が見え、またこの冬の原油供給も安定的に実施さ

れるとの事で、ダウ平均も続伸を予測。

 

それに伴い外為市場もリスクオンの流れで円安へ拍車がかかる

と息巻いた読みだったのですが実際は利益確定売りのような予想

外の状況が発生。

 

一時、100.60まで順調に円安が進みましたが、その後はジリジ

リと円高方向へ向かうという惨憺たる結果。

 

最終的には99.60まで円高は進みました。

 

市場の動きはリスクオフが要因で円が売られたようには思えない

がなぜか円高にトレンドは振れたという謎の値動き。

 

こうなった背景としてはやはり17日、18日に行われるFOMC

の理事会の内容待ちの為、100円手前ですがここで一度利益確

定をしておこうというトレーダーが数多くいたのではないかと

思われます。

 

ということは現在のような100円手前揉み合い展開はもしかしたら

来週FOMC明けまで継続するかもしれません。

一時的に100円を超えることはあってもブレイクとまではまだ力が

弱いように思います。

a0002_008719

一方、比較的堅調なのがユーロ相場。

ユーロは一部加盟国の経済状態が不安定とはいえ、対円レート

で見ると今のところ安定的に円安傾向へ向かっています。

 

非常に値幅の大きいのが特徴のユーロですから、今後何が起き

るかわかりませんし、ユーロも対ドル相場の影響を如実に受け

やすい通貨だけに基本的にはドルレートと連動する傾向は変わ

りませんが、135.00手前でここ2、3日は揉み合うのではないで

しょうか。

 

当サイト一押しの限定タイアップキャンペーン!

「新規口座開設+5万円以上入金+1回取引」だけというハードルの低さで

Amazonギフト券15,000円分プレゼントという太っ腹!

詳細はこちら ⇒  DMM.com証券【DMM FX】

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

カテゴリー

アクセスカウンター

QRコード

このページの先頭へ