今、注目される豪ドル

昨日発表の4月‐6月のGDP改定値は+3.8%で市場予測の+3.6を若干

上回る結果となり、オリンピック効果と共に好材料となるものかと期待され

ました。東証は昨日本日共に続伸するも、外為市場のドル円相場は相変

わらず安定的な100円台乗せの力にはまだ及ばないようです。

ドル円相場はFOMCの量的緩和縮小決定がなされるか否かが現在の市

場関係者の注目点であり、FOMCのテーパリング様子見状態は続くかもし

れません。

 

さて、今週の注目通貨としてはオーストラリアドルではないでしょうか。

オリンピックの開催地決定や雇用統計など、大きなイベント目白押しだった

先週末の日本においてあまり注目されなかったニュースとして、オーストラリ

アの総選挙があります。

 

実はこの総選挙で野党保守連合が政権与党となり与野党逆転。

その結果が外為相場では如実に反映されています。

39

先週末の豪ドル円相場では1ドル90円から91円台で推移していたのが、

日開場直後から91円台後半から取引が始まり、本日92円台前半から後半

取引がされており、トレンドは安定的に円安傾向に向いています。

 

実際、この流れがいつまで続くかわかりませんが、現政権が発足直後という事

もあり、今のところショートポジションで組むのであれば、全通貨に対して安定的

な通貨安傾向のトレンドであるクロス豪ドルはお勧めです。

 

ドル円がこう着揉み合い傾向である今、スポットライトを浴びている通貨は豪ドル

ではないかと思います。

 

当サイト一押しの限定タイアップキャンペーン!

「新規口座開設+5万円以上入金+1回取引」だけというハードルの低さで

Amazonギフト券15,000円分プレゼントという太っ腹!

詳細はこちら ⇒  DMM.com証券【DMM FX】

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

カテゴリー

アクセスカウンター

QRコード

このページの先頭へ