勝てる理由!?

最近 MJ「SpotBoard」 をブログでも何度かオススメしていますが、
一応私なりに理由があります。
その理由は当日の各国の指標発表予定の一覧や動きの予測をした
メールがほぼ毎日配信されるという事です。
例えば今日のMJからのメールを引用してみますね。
(引用部は緑文字で記載しています)
本日の経済指標(抜粋)
日本時間 通貨 指標内容 前回【予測】の順にて表示
 08:50 日 国内企業物価指数(前月比) 2.00% 0.00%
 08:50 日 国内企業物価指数(前年比) 7.10% 7.20%
 08:50 日 国際収支-経常収支 \493.9B \1317.2B
 08:50 日 国際収支-経常収支(季調済) \1290.7B \1350.0B
★08:50 日 国際収支-貿易収支 \252.1B \233.1B
 14:00 日 景気先行CI指数 91.3 91.9
 14:00 日 景気一致CI指数 101.6 102.5
☆16:00 欧 トリシェECB総裁 欧州議会証言
 17:30 英 商品貿易収支(英ポンド/百万) -GBP7684 -GBP7684
 17:30 英 商品貿易収支(EU以外/英ポンド/百万) -GBP4744 -GBP4500
★17:30 英 貿易収支(英ポンド/百万) -GBP4414 -GBP4200
★20:00 米 MBA住宅ローン申請指数
 21:30 加 労働生産率(前期比) -0.30% 0.30%

こんな感じのメールがほぼ毎朝届きます。
 口座開設はコチラ ⇒ MJ「SpotBoard」
しかし、もちろんこれだけではありません。
これだけなら他のFX会社も配信してくれますからね。
本当にオススメしたいメール内容は次です。
今日の知恵袋
昨日9月9日(火曜日)19:15の市場オーダー状況をおさらい・・・
ドル円のインターバンク市場オーダー状況:
109.80円 売り輸出(邦銀・欧州系)
109.50円 売り(欧米系)
109.30円 売り米系短期(欧州系)
108.70円 売り・ストップ買い(欧州系・米系)
108.50円 売り米系短期(米系・欧州系)
108.11円近辺 19:18時点
これをみるとあることに気付かされます・・・
レンジで動く際にはあたりまえですが、上昇方向に売りが、、
下降方向に買い注文が入ることでレンジ形成をするわけですが、
昨日この時点での注文状況は下方向の買い注文情報がないという
こと・・・これを市場関係者の思惑とすると・・・
ドル円の一方向への下落の可能性とドルが急伸して高値を抜く
確率は自ずと違うことが理解できるのではないでしょうか?
実際の相場は108.11近辺のレンジを経た後、夜間時間帯に一方向
で円の買いがすすみました。そりゃそうです・・・ドル買いの
大きな動機づけを持っているインターバンカーが存在しない
ということですから・・・
このように市場オーダー状況の偏りや売り買いのレンジ幅が
上下2円に広がっている時は、市場関係者の思惑に大きな偏り
が起きている可能性があることに注意しつつ、短期的なところ
での大きなトレンドの方向性の示唆にしたいところです。

このような具体的な表現が私も含め、初心者にとってはかなり
うれしい内容になっていると思います。
今なら大好評の 7大キャンペーン! も開催中です。
ぜひこの機会に口座開設されてみてはいかがでしょうか?
 口座開設はコチラ ⇒ MJ「SpotBoard」
ワンクリック応援お願い致します
 ⇒ FXブログ

コメントを残す

*

サブコンテンツ

カテゴリー

アクセスカウンター

QRコード

このページの先頭へ