10月雇用統計を読む

この間、9月の雇用統計の発表があったばかりなの

にもう10月の雇用統計の発表の時期となりました。

 

11月の第1週ですから、毎月の定例祭りなのですが、

今月の雇用統計のポイントは10月の政府機関の閉鎖

にともなうネガティブな結果になるのではないかという

読み。

 

またFOMCの発表を受けて市場ではテーパリングの

年内実施が起きるのではないかという観測も聞かれ、

相変わらず不安定なアメリカの財政事情が拭えません。

 

また来年1月中旬に再度、今回同様の債務問題が浮上

するという憶測から、当分ドル円相場100円ブレイクは期

待できません。

 

経済指標の発表はそれなりにあるものの、好材料のネタ

に乏しい現在の外為市場である為、今週後半は金曜日の

雇用統計の結果待ちといったところでしょうか。

 

予想レンジとしてはドル円96.50から99.50付近の値動き。

 

一方、ヨーロッパ市場では昨今の大幅なユーロの上昇が

ヨーロッパ経済にジワリジワリとダメージを与えていることか

ら、欧州中銀の大規模な金融緩和策で大規模な市場介入

をするかしないかが重要なポイントです。

 

したがって7日木曜発表される欧州中銀の政策金利の発表

は、急騰するユーロに対して、市場介入するかしないかの判

断材料となると思います。

a1180_009826

今週のユーロ円相場については非常にデリケートな値動きが

予測される為、予想レンジも幅を持たせ週後半は133円から

137円付近の値動きを予測します。

 

当サイト一押しの新限定タイアップキャンペーン!

「新規口座開設+5万円以上入金+1回取引」だけというハードルの

低さで楽天スーパーポイント15,000円分プレゼントという太っ腹!

詳細はこちら ⇒ 外為ジャパン楽天15,000ポイントキャンペーン

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

カテゴリー

アクセスカウンター

QRコード

このページの先頭へ