FOMCと政策金利決定会合

さて、10月も月末となりいよいよ秋も深まりいよいよ

季節は冬になろうとしていますが、皆さん体調を崩さ

れたりしていませんでしょうか?

 

外為相場の世界ではハローウィンが終ってから年末

にかけては毎年大荒れの展開になると言われており、

海外のトレーダーは予測不能な相場でポジションを組

むよりも、頑張った自分へのご褒美として海外へバカ

ンスへ出かける人が多いそうです。

 

なんとも優雅な人たちだなと思います。

 

さて、今週は10月最後の週ということもあり、また株式

市場では上期の決算発表も控えた週となります。

 

もちろん、31日に東証上場380社の決算が揃って発表

されることになりますが、それ以上に重要なイベントは

 

30日(水)FOMC理事会

31日(木)FOMC理事会 日銀政策金利決定会合

 

この二つのイベントではないでしょうか。

a0001_006405

まず、アメリカの量的緩和政策縮小(QE)が来年に持

ち越しされた今、今回のFOMCの理事会では大きな

議題はないとされていますが、31日(木)朝にFOMC

の発表があり、その結果を受けた日銀がもしかしたら

政策金利決定会合の場で黒田総裁がなんらかの発

言をするかもしれません。

 

FOMCの結果から日銀の政策金利決定会合への流れ

そして31日午後の黒田総裁の発言で、夕方からのNY

市場に何らかの影響を与える可能性はあるかと思います。

 

今週も外為市況から目が離せない週となりそうです。

 

当サイト一押しの新限定タイアップキャンペーン!

「新規口座開設+5万円以上入金+1回取引」だけというハードルの

低さで楽天スーパーポイント15,000円分プレゼントという太っ腹!

詳細はこちら ⇒  外為ジャパン楽天15,000ポイントキャンペーン

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

カテゴリー

アクセスカウンター

QRコード

このページの先頭へ