GBP、NZD、AUDはロングで。

先週の日経平均株価の終値は前日より277円高い、

15727円という年初来高値をつけて取引を終えました。

 

現在世界的な景気回復の流れが起きており、日本も

徐々にその恩恵を受けつつあります。

 

一方、外為市場も引き続き円売りドル買いトレンド

が強く102円台前半まで円安が進み、ユーロ円は

138円台前半、ポンド円に至っては167円台まで円

安が進む場面も見えられました。

a0002_009087

特にこのポンド円に関しては2008年の10月以来

の円安水準で、ようやくリーマンショック直後の水準

まで挽回してきた感じがします。

 

しかしもともとポンド円のペアはリーマンショック前

の水準だと230円台であった為、円安とはいえ、ま

だまだ低い水準である事は否めませんが、これか

ら徐々に挽回していってくれるものと思っています。

 

そう考えると、現在世界経済は総じて回復傾向に

あり、ポンドを初めとした、投機性通貨の買いロン

グポジションはかなり有利なのではないでしょうか。

 

ポンド並みの投機性通貨といえば、南アフリカランド

やNZドル、豪ドルなどが思い浮かべることができま

すが、こういった世界的株高傾向、またリーマンショ

ック前の水準に向かう強い売り相場の為替トレンド

が続く現在の為替相場は非常に流れが読みやすく、

低いレバレッジで1ヶ月から3ヶ月単位のロングでポ

ジションを組むには最適なタイミングかと思います。

 

ですが、忘れてはならないのは来年、1月15日に

前後に再燃するアメリカの債務上限引き上げ問題。

 

10月の政府機関閉鎖がまだ記憶に新しいので

すが、年明け早々、再び悪夢が繰り返されるか

もしれません。

 

いまだに抜本的な債務上限問題が解決していない

為、この問題は先送りするたびに、期限を迎える直

前に浮上し続ける問題ですので、来年年明け早々

のクロスドルレートは非常にピリピリしたものになる

でしょう。

 

今週からはもう12月です。

12月はクリスマス商戦が始まり、毎年外為相場は

荒れる傾向にあります。

 

心を引き締めて12月も乗り切りたいものです。

 

当サイト一押しの新限定タイアップキャンペーン!

「新規口座開設+5万円以上入金+1回取引」だけというハードルの

低さで楽天スーパーポイント15,000円分プレゼントという太っ腹!

詳細はこちら ⇒  外為ジャパン楽天15,000ポイントキャンペーン

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

カテゴリー

アクセスカウンター

QRコード

このページの先頭へ